東京オリンピック野球トーナメント表・予選大会は?日本やアメリカの日程や対戦国についても

東京オリンピック

3大会ぶりにオリンピックの舞台に戻ってくることが決定した野球。今回はその野球のちょっと変わったトーナメント形式や日本、アメリカの試合日程、対戦国についてお伝えしていこうと思います。

東京オリンピック野球トーナメント表・予選大会情報

東京オリンピックの野球競技には、開催国の日本を含む6か国が参加します。以前のオリンピックでは8か国だったのですが、国際オリンピック委員会が今回の東京オリンピックにおいては追加種目の人数を500人までと定めたからなんです。

追加種目全体で500人までということなので、野球やソフトボール以外の追加種目である空手、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィンの人数を考えると、1チーム24人の野球は6か国が限度だったようです……。

さて、本題に移ります。東京オリンピックの野球の決勝トーナメントにはダブルエリミネーション方式という、聞き慣れないトーナメント形式が採用されました。

簡単に言うと、通常のトーナメントは1度負けたら終了ですが、この方式では基本的に2回までチャンスが残されるんです。

決勝トーナメントの前にはまずグループA、グループBに3か国ずつ分かれて一次リーグが行われます。1グループで3試合、計6試合が行われ、ここの勝敗でトーナメントの組み合わせが決定していきます。

トーナメント

①、各グループ3位同士の対戦……勝ったら④へ、負けたらここで敗退
②、各グループ2位同士の対戦……勝ったら④へ、負けたら⑤の敗者復活戦へ
③、各グループ1位同士の対戦……勝ったら⑦へ、負けたら⑥の敗者復活戦へ
④、①の3位同士の対戦の勝者と②の2位同士の対戦の勝者の対戦……勝ったら⑦へ、負けたら⑤の敗者復活戦へ
⑤、②の2位同士の対戦の敗者と④の敗者の対戦……勝ったら⑥へ、負けたらここで敗退
⑥、③の1位同士の対戦の敗者と⑤の勝者の対戦……勝ったら⑧へ、負けたら⑨の3位決定戦へ
⑦、③の1位同士の対戦の勝者と④の勝者の対戦……勝ったら⑩の決勝戦へ、負けたら⑧の敗者復活戦へ
⑧、⑥の勝者と⑦の敗者による対戦……勝ったら⑩の決勝戦へ、負けたら⑨の3位決定戦へ
⑨、⑥の敗者と⑧の敗者による3位決定戦
⑩、⑦の勝者と⑧の勝者による決勝戦

こう書くと分かりにくいかもしれませんが、2度負けない限りメダル獲得のチャンスが残されているという訳なんです。

このように複雑なトーナメント形式にしたのは消化試合をなくすことも目的だったようで、確かに最後の最後までメダルの行方が分からずにハラハラしてしまいそうですね。でもそれでこそスポーツの楽しみ方ではないでしょうか。

では次に、東京オリンピックの野球競技の出場権が懸かった予選大会についてお伝えします。開催国である為、日本の出場は既に決定していますね。東京オリンピックには6カ国が出場できるので、残りの5枠は今後の大会結果で決定されます。

予選大会

まず始めに行われる大会は、2019年9月18日~22日にかけてイタリアで開かれるアフリカ・欧州予選。ここでの優勝チームが1つ目の出場権を獲得します。

次に2019年11月2日~17日にかけて行われる2019 WBSC プレミア12では2か国に出場権が与えられる予定です。この大会はチャイニーズタイペイ、韓国、メキシコ、日本で行われます。

出場権はアメリカ大陸の上位1か国、アジア・オセアニア大陸の上位1か国(日本以外)にそれぞれ与えられます。ただし、アジア・オセアニア大陸のチームが上位6位以内に入らなかった場合は、出場権1枠は最終予選に回されます。

2020年3月にはアメリカ予選が行われ、優勝チームが出場権を獲得します。

2020年4月、5月にはチャイニーズタイペイで最終予選が行われます。基本的には1つの出場権を巡って争われますが、WBSC プレミア12の試合結果によっては出場権は2つになります。

最終予選の参加チームはアフリカ・欧州予選で2位になったチーム。アメリカ大陸予選で2位、3位になったチーム。アジア選手権大会2019の上位2チーム。オセアニア予選2019の優勝チームです。

今までの大会を見ると、金メダルはキューバが3度、アメリカと韓国が1度ずつ獲得しています。

東京オリンピックでは参加枠が8から6に減ったことで、出場権を巡る激戦を制した強豪国ばかりが揃いそうです。どんな面々が揃うのか楽しみですね。更に今回のトーナメント形式が波乱を呼んで、とても見応えのある試合ばかりになりそうな予感がします……!

東京オリンピック野球の日本やアメリカの日程や対戦国

現在のところまだ参加国が確定していないため、日本やアメリカの試合日程や対戦国については、今後情報が入り次第お伝えしていこうと思います。

まとめ

東京オリンピックの野球競技では日本代表はメダル候補と言われています。

今回のトーナメント形式では1度負けてもメダルへの希望が残されているので、より良い色のメダルを期待したいですね!

もちろん日本だけでなく、強豪国同士の試合も注目です!

東京オリンピック野球日本代表 メンバーは?年齢制限や復活理由についても

プロ野球オールスターゲーム2019チケット発売情報!ファン投票のしかたは?

広告