東京オリンピック・ボランティアの研修・説明会はいつ?募集条件・人数や締め切りについても

東京オリンピック

2020年いよいよ東京オリンピックが開催されますね。

「お・も・て・な・し」から早数年、まだまだ先のことだと思っていた東京オリンピックがようやく開催されるんだぁと実感する出来事がありました。

そうなんです、2018年9月から東京オリンピックのボランティアの募集が開始されました。

ボランティアは競技会場や選手村など大会運営に携わる大会ボランティア、競技会場のある各自治体や東京都が募集し、オリンピックの観客や空港、主要鉄道駅、観光地での観光客へのアテンドなどに携わる都市ボランティアがあり、合計で約11万人の協力や活躍を想定しています。

そんな東京オリンピックのボランティア、研修ってあるの?募集条件って?と色々気になりますよね。今回はそんな東京オリンピックのボランティアについてまとめました。

東京オリンピック・ボランティアの研修・説明会はいつ?

東京オリンピックのボランティアにはまずWEB上で応募することから始まります。

大会ボランティアの場合

2019年1月から7月ごろまでオリエンテーション(説明会・面談)の案内

2019年2月~オリエンテーション順次開始

2019年9月~研修の案内2019年10月~共通研修の参加

2020年3月~役割・会場のお知らせ受取

2020年4月~役割別・リーダーシップ研修参加

2020年5月~ユニフォーム等受取

2020年6月~会場別研修参加

以上のようなスケジュールとなっています。

オリエンテーションは1人1度参加する必要があります(約2時間)。

オリンピックへのチームワークを高める為面談もあります。

場所は東京都内、北海道・宮城・福島・茨城・富山・静岡・愛知・大阪・広島・福岡、で開催されます。

海外在住者のオリエンテーションは、3~7月にテレビ電話等を使用して実施する予定、とのことです。

共通研修

2019年10月~2020年2月の間に都内

2019年10月~2020年1月に北海道・宮城・福島・茨城・富山・静岡・愛知・大阪・広島・福岡

2020年6月以降海外在住者向けに都内で開催される予定となっています。

研修の時間は3.4時間程度オリンピック・パラリンピックのボランティアに必要な基礎知識を習得するための共通研修が実施されます。

都市ボランティアは各自治体によって異なりますが、事前のオリエンテーションや研修などがあります。

東京オリンピック・ボランティアの募集条件・人数や締め切りは?

募集条件

  • 2002年4月1日以前生まれ(東京オリンピック開催時に18歳以上であること)、
  • 活動期間中において、日本国籍又は日本に滞在する在留資格を有していること

募集期間

大会ボランティア、東京都の都市ボランティアともに2018122117時までとなっています。

他都市の都市ボランティアは各自治体によって異なります。

募集人数

80000人期間前後

活動期間

大会期間中あわせて10日以上、1日8時間程度(休憩、待機含み)活動できることが基本となっています。

都市ボランティアの場合

会場の所在する各自治体によって募集人数が異なります。

東京都の場合で20000人、活動期間は5日程度1日5時間ほどとなっています。

他の自治体では3日から5日程度、1日当たり5時間ほどの活動が基本となっています。

募集人数は、宮城、福島などでは1000名ほど、埼玉、千葉、横浜などで数千人ほどの募集となっています。

まとめ

要点をまとめると

  • 東京オリンピックボランティアには大会ボランティアと都市ボランティアの2
  • 応募締め切りは2018122117
  • WEB上での応募
  • 他都市の都市ボランティアは各自治体によって異なります。
  • 応募資格は200241日以前生まれの、日本国籍か日本在留資格を有していること。
  • 大会ボランティアも都市ボランティアもオリエンテーション(説明会・面談)と研修があります。
  • 大会ボランティアは大会期間前後期間中あわせて10日間以上、1日8時間程度の活動が基本
  • 都市ボランティアは5日程度、1日5時間ほどの活動が基本となっています。

大会ボランティアはオリンピックの大会運営に携われる貴重な経験ができますが、活動期間や時間を考えると、日中働いている方、主婦の方などは難しい印象があります。

都市ボランティアは活動時間も5時間程度なので融通が利きやすい印象を持ちました。

これから先、生きている間にもう1度あるかどうかわからない自国でのオリンピック開催。

もし参加できれば一生の思い出になりますよね。

広告