【テニス】錦織圭(にしこりけい)2018全米オープン試合日程と放送予定・地上波放送や無料視聴方法の紹介

全米オープンはテニス4大大会の一つで、最も大きな大会の一つとなります。当然、全世界が注目する大会となり、錦織選手の活躍を期待している方も多いのではないでしょうか。2014年、錦織選手が決勝まで進出した非常に相性の良い大会が全米オープンです。

日本からでも錦織選手を応援するために、2018年最後の4大大会「全米オープン」についての基本情報や試合日程などをお伝えしていきます。

全米オープンの基本情報

試合日程:2018年8月27日(月)~9月9日(日)

開催場所:アメリカ合衆国のニューヨーククイーンズ区 USTAピリージーンキングナショナル テニスセンター

全米オープンはアメリカで開催されるためUSオープンとも呼ばれます。テニスランキング上位のみが出場できる大会で全128ドローと規模も大きく、2週間かけて大会を行います。

どのくらい大きな規模の大会かと言いますと、2017年の全米オープンの賞金総額は4大大会の中でもずば抜けて高く、なんと56億6300万円でした。

2018年の賞金総額はまだ発表されていませんが、毎年金額は上がっていますので、確実に昨年より賞金総額はあがります。

ちなみに、2017年全米オープンの優勝者は、日本円にして約5億円の賞金でした。観客動員数も4大大会で最も多く、まさに2018年最後の4大大会にふさわしいと言えますね。

そんな大規模の全米オープンは、ハードコートで行われます。テニスの特徴はコートの種類によって活躍する選手が変わることです。

全米オープンのコートは、球足が速くボールが弾むため、サーブが有利とされています。

錦織選手は青年期をアメリカで過ごしているため、最も得意としているコートになります。

世界でもトップクラスのリターン力と戦術で、ビックサーバーたちを翻弄してほしいですね。

試合日程・時間

全米オープンはアメリカで行われるため、日本との時差が13時間あります。

試合時間は1日に2回あり、午前の試合開始時間は現地時間の午前11時、午後は7時です。日本時間では、深夜12時と翌朝の午前10時です。

現在予定されている試合は下記の通りとなりますので、ぜひ観戦の参考にしてください。

男子シングルス試合日程

(大会1週目) 8月27日(月)~9月1日(土)

1回戦~3回戦まで実施予定

8月27日(月)  男子シングルス1回戦

8月28日(火)  男子シングルス1回戦

8月29日(水)  男子シングルス2回戦

8月30日(木)  男子シングルス2回戦

8月31日(金)  男子シングルス3回戦

9月1日(土)  男子シングルス3回戦

(大会2週目)9月2日(日)~9月9日(日)

ベスト16~決勝戦まで実施予定

9月2日(日)  男子シングルス4回戦

9月3日(月)  男子シングルス4回戦(ベスト16)

9月4日(火)  男子シングルス準々決勝

9月5日(水)  男子シングルス準々決勝(ベスト8)

9月7日(金)  男子シングルス準決勝(ベスト4) 午前11時(日本時間深夜12時)

9月9日(日)  男子シングルス決勝戦 午後12時(日本時間深夜1時)

地上波放送予定

地上波放送の予定は残念ながらありません。NHKや民放では放送されません。

現在はWOWOWが全米オープンの放送権を持っていますので、全米オープンの観戦はWOWOWのみで深夜ということになります。

無料視聴する方法

WOWOWではテニスファンに嬉しい映像が充実していて、錦織圭の全米オープンの放送は連日生中継が予定されています!

錦織圭選手だけではなく、世界のトッププレーヤーの試合もみたいというかたにはおすすめです。

WOWOWは録画が可能なため、忙しくて観られない場合や、夜中の放送などは、予約録画をしておけば大丈夫ですね。

WOWOWを利用して観戦する場合にはBSデジタルチューナー内蔵テレビ、またはレコーダーが必要です。

BS放送が見られる場合は、すでにアンテナが接続されているので加入して15分ですぐに視聴が可能です。

そして、テレビだけではなく、パソコン、スマホ、タブレットからの視聴もできるので、とっても便利です♪

WOWOW_新規申込加入料は無料初期費用も無料、加入した月は視聴超が無料になります。(解約も手数料はかかりません)

【ポイント】9月に入ってから加入すれば4回戦から決勝戦までを無料期間を利用してすべてみることができますね。

詳しくはこちらでチェックしてください↓↓


まとめ

2018年最後のテニスの4大大会「全米オープン」は、錦織選手にとって非常に相性が良いので、ドロー運も味方につけたいところですね。

昨年の影響ケガの影響もありランキングはさがっていますが、2018年の全仏オープンを見る限り、確実に復活しているといって良いでしょう。

優勝も狙えるポテンシャルを持っているので、ぜひ4大大会日本人初の優勝を期待したいですね!

広告