田中力は東京オリンピック出場する?ハーフで父親や母・兄について調査

日本バスケ界で期待の星とされている、田中力(たなかちから)選手。

現在17歳で、アメリカの名門IMGアカデミーに在籍中の田中選手ですが、東京オリンピックには出場するのか、また彼の両親や兄弟について調べてみました。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Wasabi (@chikaratanaka_) on

田中力選手が東京オリンピックに出場する可能性は?

まずは田中選手のこれまでを追いながら、東京オリンピック出場の可能性を探っていきたいと思います。

田中力選手は、2002年5月4日生まれの現在17歳の選手です。

田中選手がバスケットボールを始めたのは、小学4年生の時に友達に誘われたことがきっかけでした。

ミニバスチームに入った田中選手ですが、それまでバスケを経験したことがなかった為、当初は周りについていけず、ひたすら放課後に自主練を続けたことでその才能が開花していったようです。

その後、兄と一緒にYouTubeでバスケットボールの動画を見るようになった田中選手は、小学生6年生の時にたまたま見つけたアメリカのIMGアカデミーの動画に釘付けになります。

その時は「いつかここでプレーするわ。」と兄に冗談混じりに言ったという田中選手ですが、段々と高校はここに進学したい、という強い思いが芽生えるようになったのではないでしょうか。

中学生になると、田中選手はめきめきと頭角を表し、中学2年生の時には都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会の決勝で34得点を獲得し、神奈川代表チームの優勝に貢献。

186cmまで身長が伸びた田中選手は、その高さに加え十分な技術も持っていた為、向かうところ敵なしで試合では一人だけプロのような動きをしていたとか。

中学3年生の時には、U16日本代表に選ばれて国際的な試合での経験を積み、更には男子バスケの日本代表候補に最年少となる15歳で選ばれています。
田中選手は「スーパー中学生」とも呼ばれ、一躍注目の的となりました。

その活躍と共に卒業後の進路も注目されていましたが、憧れのIMGアカデミーからオファーがあったことで、アメリカへ留学することを決めました。小学6年生の時の夢を見事叶えた形ですね。

IMGアカデミーでは、日本とアメリカのレベルの差に苦しみながらも着実に力をつけてきている田中選手。日本では得点を狙ってばかりいたのがパスを上手く出せるようになり、周囲の状況を見れるようになったと言います。

NBA入りを目指し、まだまだ成長中の田中選手のこれからが今からとても楽しみですね。

Twitterで上がっていた田中選手への期待の声です。

https://twitter.com/tmbasketball23/status/1106695972548042752?s=20

東京オリンピックへの出場も期待されている田中選手は、今年の6月~7月に行われた日本代表候補の合宿に参加していました。

その中でもまだ若手である田中選手がオリンピックに出場するには、まずオリンピックまでの間に日本代表に選ばれた上で結果を残さなければなりません。

合宿中のインタビューで、田中選手本人も「オリンピックを目指す」と明言しているので是非とも期待したいところです。

今後の活躍次第とシビアではあるものの、田中選手が東京オリンピック日本代表に選ばれる可能性は現時点では大いにある、と言えるのではないでしょうか。

田中選手が憧れの八村塁選手と共にオリンピックで戦う姿に期待したいですね。

田中力選手の父や母、兄について調べてみた

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Wasabi (@chikaratanaka_) on

田中力選手はハーフで、お父さんがアメリカ人、お母さんが日本人とのことでした。

お母さんの礼子さんと、3歳上の兄バートン・デュエイン・シャンサー・ジュニアさんはテレビ出演したこともあるそうですよ。

お父さんがアメリカ人な為、田中選手自身も英語を話すことができ、お兄さんとはいつも英語で会話しているそうです。

英語でコミュニケーションが取れることもIMGでの成長に繋がったのかもしれませんね。

まとめ

田中力選手の東京オリンピック出場の可能性についてお伝えしました。

現時点では、田中選手が東京オリンピックに出場する可能性は十分にあると言えます。

田中選手の今後の活躍に注目です。

 

広告