佐野 涼弥(浦和学院)ドラフト注目選手のプロフィールと特徴・評価

全国夏の甲子園大会では毎年プロ注目の選手たちが活躍し、熱い戦いを繰り広げます。本格派投手として注目を集める浦和学院(埼玉)の佐野涼弥(さのりょうや)選手もドラフト候補の1人で、見事夏の甲子園出場の切符をつかみました!

2018年夏の甲子園は8月2日(木)の16時から組み合わせ抽選会が行われ、8月5日(日)から甲子園球場で開幕します。

夏の甲子園で活躍の期待がかかるプロ注目選手「佐野涼弥」のプロフィールやプレーヤとしての特徴、ドラフト評価などについてお伝えしていきます。

佐野涼弥(さの・りょうや)のプロフィール

出身地:栃木県宇都宮市

生年月日:2000年6月24日

身長:178㎝

体重:78㎏

ポジション:投手(右投げ左打ち)※2年時後半から外野手

経歴:軟式少年野球→栃木下町シニア→浦和学院高校野球部

小学2年生から野球を始めた佐野涼弥は、中学1年生から硬式の栃木下町シニアに所属し、2014年には全国ベスト4を達成します。浦和学院高校野球部に入部後は、1年の春からベンチ入りを果たし、2年の春には県大会優勝の立役者となりました。好投手として2年の時からプロのスカウトからも注目を集めるほどの実力を持ち合わせている。

現在は制球に苦しみ、3年夏の甲子園予選大会でも外野手としての出場となっています。

佐野涼弥の特徴

佐野涼弥選手は、最速143㎞のストレートとキレが抜群のスライダーを武器に奪三振が取れるピッチャーです。上から振り下ろされる腕の振りがストレートの伸びと変化球の切れを生み、ダイナミックな投球が持ち味となります。

球質は抜群なものがありますが、制球力に苦しめられることも多く、それが原因で突然思い通りに体が動かなくなるイップス状態になってしまい、2018年夏の時点でも投球の場面はありません。

ドラフト評価

日ハムからは、ボールに力強さがあり、ストレートとスライダーが良いとの評価を受け、これからを期待したコメントを残しています。

同様のコメントを広島も残している。ピッチャーとしての評価を受けている佐野選手!更なる球速アップと制球力を上げることで上位指名もあるのでは?と思います。

まとめ

プロ注目のドラフト候補「佐野涼弥」についてお伝えしてきました。

投手として力強いボールを投げることができるのは、大きな才能の1つだと思います。課題は制球力ですが、制球力は練習次第で身につけることができるはず!制球力がつけば即戦力としても十分通用するのではないかと思えるほどの投手です。

2年後半からは投手から離れていますが、甲子園で投手として復活できれば再度プロスカウトに注目されると思いますので、甲子園で投げる姿を期待したいですね。

広告