野村佑希(花咲徳栄)ドラフト注目選手のプロフィールと特徴・評価

全国選抜・夏の甲子園大会では毎年プロ注目の選手たちが活躍し、熱い戦いを繰り広げます。本格派投手として注目を集める花咲徳栄(埼玉)の野村祐希(のむらゆうき)選手もドラフト候補の1人で、見事夏の甲子園出場の切符をつかみました!

高校野球で活躍の期待がかかるプロ注目選手「野村祐希」のプロフィールやプレーヤとしての特徴、ドラフト評価などについてお伝えしていきます。

野村祐希(のむら・ゆうき)のプロフィール

出身地:群馬県

生年月日:2000年6月26日

身長:185㎝

体重:87㎏

ポジション:投手兼野手(右投げ右打ち)

経歴:剛士ジュニアーズ→太田市リトルシニア→花咲徳栄高校野球部

小学2年生から野球を始めた野村祐輝は、中学1年生から硬式の太田市シニア所属。中学時代は現在のサード兼ピッチャーとしてプレーをし二刀流として活躍します。花咲徳栄高校野球部に入部後は、1年の秋から1塁手としてレギュラーを掴みます

2年の春先にホームランを量産し、夏の甲子園優勝を果たし一気にプロが注目する選手へと変貌しました!

野村祐希の特徴

野村祐希選手の最大の特徴は、ホームランを量産できるバッティングセンスにあります。

2年生の時点でドラフト対象になるとプロのスカウトに言わしめる別格の打撃は、清原二世とも言われるほどです。

投手としても140㎞を超えるストレートを持ち2018年北埼玉大会をわずか2失点と好投!守っては内・外野両方とも守れ、二刀流として活躍する超高校級の選手です!

ドラフト評価

プロのスカウトがこぞって注目をしています。どこの球団も絶賛との声が高く、2018年ドラフトの目玉となる選手ですね。

【巨人・ロッテ・楽天】
ホームランバッターとして非常に高い評価をしています。まだ体ができていない時期でこの評価ですので最大級の評価と言えますね。

【日ハム】
大谷翔平選手を二刀流として育てた日ハムは、大谷選手の後継者として野村選手を見ているようです。格が違う言わしめ、ドラフト候補の筆頭といえるでしょう。

複数球団からの指名が予想されているため、2018年のドラフトでは目の離せないですね。

まとめ

プロ注目のドラフト候補「野村祐希」についてお伝えしてきました。

高校界トップクラスの野球選手として、2018年ドラフト会議の目玉となる選手です!打者としての評価が非常に高いですが、投手としてもトップクラスであるため、打者としてか二刀流としてか注目が集まる非常に楽しみな選手です。個人的には二刀流野村祐希をみてみたいと思います。

広告