NBA移籍2019まとめ!どのプレーヤーがどのチームに?

NBAはオフシーズンに突入すると、7月からFA交渉が解禁されます。大物選手の移籍や再契約等、この時期も見逃せません。

今年はどうなのか、NBA移籍2019まとめをご紹介します。果たしてどのプレイヤーがどのチームに行ったのでしょうか。気になるところを見ていきましょう。

NBA移籍2019まとめ!どのプレイヤーがどのチームに行ったのか?

今年もNBAの各チームでトレードが行われました。大物選手の移籍もあったようで、みなさん注目されていると思います。トレードでの移籍についてまとめみたので、ご覧ください。

2019年注目のFA選手の移籍先

•カワイ・レナード
トロント・ラプターズ→ロサンゼルス・クリッパーズ

•ケビン・デュラント
ゴールデンステート・ウォリアーズ→ブルックリン・ネッツ

•カイリー・アービング
ボストン・セルティックス→ブルックリン・ネッツ

•クレイ・トンプソン
ゴールデンステート・ウォリアーズ→ゴールデンステート・ウォリアーズ

•デマーカス・カズンズ
ゴールデンステート・ウォリアーズ→ロサンゼルス・レイカーズ

•ケンバ・ウォーカー
シャーロット・ホーネッツ→ボストン・セルティックス

•アル・ホーフォード
ボストン・セルティックス→フィラデルフィア・76ers

•マルク・ガソン
トロント・ラプターズ→トロント・ラプターズ

•ニコラ・ヴュチェビッチ
オーランド・マジック→オーランド・マジック

•ジュリアス・ランドル
ニューオーリンズ・ペリカンズ→ニューヨーク・ニックス

•クリス・ミドルトン
ミルウォーキー・バックス→ミルウォーキー・バックス

•ディアンジェロ・ラッセル
ブルックリン・ネッツ→ゴールデンステート・ウォリアーズ

•デリック・ローズ
ミネソタ・ティンバーウルブズ→デトロイト・ピストンズ

•アイザイア・トーマス
デンバー・ナゲッツ→ワシントン・ウィザーズ

トレードまとめ

•ロサンゼルス・レイカーズとニューオーリンズ・ペリカンズの間でトレードが成立

レイカーズ獲得
アンソニー・デイビス

ペリカンズ獲得
ロンゾ・ボール
ブランドン・イングラム
ジョシュ・ハート

ドラフト1巡目指名権3枠

•ロサンゼルス・レイカーズのキャップスペースを空けるトレードが成立
レイカーズがアンソニー・デイビスのトレードの一環として、三角トレードで3選手をウィザーズに放出しました。

さらに、アンソニー・デイビスが400万ドルのトレードキッカーを放棄し、レイカーズは、3200万ドルのキャップスペースを空けることに成功します。

ウィザーズ獲得
モー・バグナー
アイザック・ボンガ
ジェマリオ・ジョーンズ

ペリカンズ獲得
お金(ウィザーズから)

•オクラホマシティ・サンダーとヒューストン・ロケッツの間でトレードが成立

ロケッツ獲得
ラッセル・ウエストブルック

サンダー獲得
クリス・ポール
ドラフト1巡目指名権
指名権交換権

•ユタ・ジャズとメンフィス・グリズリーズの間でトレードが成立

ジャズ獲得
マイク・コンリー

グリズリーズ獲得
ジエイ・クラウダー
カイル・コーバー
グレイソン・アレン
2019年ドラフト23位指名権
ドラフト1巡目指名権
ジャズは、マイク・コンリーが入ったことによって、リッキー・ルビオの退団が決定的です。

•ニューオーリンズ・ペリカンズとアトランタ・ホークスの間でトレードが成立

ペリカンズ獲得
ソロモン・ヒル
2019年ドラフト4位指名権
2019年ドラフト57位指名権
将来の2巡指名権

ホークス獲得
2019年ドラフト8位指名権
2019年ドラフト17位指名権
2019年ドラフト35位指名権
2020年1巡目指名権

•ミネソタ・ティンバーウルブズとフェニックス・サンズの間でトレードが成立

ウルブズ獲得

2019年ドラフト6位指名権

サンズ獲得
ダリオ・シャリッチ
2019年ドラフト11位指名権

まとめ

2019年のNBA移籍まとめをご紹介しました。NBAのオフシーズンでは、選手の移籍で各チームが動きを見せるため、どのプレイヤーがどのチームに行ったのか等、楽しめますね。

注目の大物選手の移籍で盛り上がる中、今回大注目だったのは、やはり、若くしてすでにリーグ最高のパワーフォワードの1人として君臨し才能に溢れている、アンソニー・デイビスでした。移籍した選手達の来シーズンの活躍が楽しみです!

広告