【高校野球】夏の甲子園2018地方予選の日程と出場校一覧!

「第100回全国高校野球選手権大会」今年は記念すべき第100回目を迎える夏の甲子園。2018年8月5日(日)から17日間、高校球児の熱い夏の戦いが始まります。

甲子園出場をめざして戦われる地方予選の決勝戦日程の紹介と、決勝戦を勝ち抜いた出場校を紹介します!

地方予選の決勝戦日程

あの高校球児が憧れる甲子園のグラウンドに立てるのはその地方で頂点を勝ち取った一チームしか与えられないのです。

それを目指して今まで頑張ってきた球児達、その地方の代表を決める地方予選の決勝戦の日程を紹介します。

決勝戦日程 / 都道府県

7月19日(木) 岩手

7月20日(金) 北北海道

7月21日(土) 南北海道 青森 秋田 宮崎

7月22日(日) 福島 栃木 長野 山梨 香川 佐賀 長崎 熊本 沖縄

7月23日(月) 南埼玉 北福岡 鹿児島

7月24日(火) 北埼玉 新潟 富山 広島 南福岡 大分

7月25日(水) 山形 茨城 群馬 東千葉 石川 福井 岐阜 三重 京都 愛媛 鳥取

7月26日(木) 西千葉 東愛知 滋賀 和歌山 島根 山口 徳島 高知

7月27日(金) 静岡 西兵庫

7月28日(土) 宮崎 西東京 南神奈川 南大阪 東兵庫 奈良

7月29日(日) 東東京 北神奈川 北大阪 岡山

甲子園出場校

今年の甲子園は全国から56の高校が出場します。

東京、北海道、愛知、神奈川、大阪、千葉、兵庫、埼玉、福岡からは東西または南北に分けられ2校ずつ出場します。

その他の都道府県は1校ずつ出場します。

各都道府県の代表校は決まり次第追記していきます。

<北海道2校>

北北海道 旭川大高校 9年ぶり8回目

南北海道 北照高校 5年ぶり4回目

<東北6校>

青森 八戸学院光星高校 2年ぶり9回目

岩手 花巻東高校 3年ぶり9回目

秋田 金足農業 11年ぶり6回目

山形 羽黒高校 15年ぶり2回目

宮城 仙台育英高校 2年連続27回目

福岡 聖光学院高校 12年連続15回目

<関東12校>

茨城 土浦日大高校 2年連続4回目

栃木 作新学院高校 8年連続14回目

群馬 前橋育英高校 3年連続4回目

北埼玉 花咲徳栄高校 4年連続6回目

南埼玉 浦和学院高校 5年ぶり13回目

東千葉 木更津総合高校 3年連続7回目

西千葉 中央学院高校 初出場

東東京 二松学舎大付高校 2年連続3回目

西東京 日大三高校 5年ぶり17回目

北神奈川 慶應義塾高校 10年ぶり18回目

南神奈川 横浜高校 3年連続18回目

山梨 山梨学院高校 3年連続8回目

<北信越5校>

新潟 中越高校2年ぶり11回目

長野 佐久長聖高校 2年ぶり8回目

富山 高岡商業高校 2年連続19回目

石川 星稜高校 2年ぶり19回目

福井 敦賀気比高校 3年ぶり8回目

<東海5校>

静岡 常葉大菊川高校 2年ぶり6回目

東愛知 愛産大三河高校 22年ぶり2回目

西愛知 愛工大名電高校 5年ぶり12回目

岐阜 大垣日大高校 2年連続5回目

三重 白山高校 初出場

<近畿8校>

滋賀 近江高校 2年ぶり13回目

京都 龍谷大平安高校 4年ぶり37回目

北大阪 大阪桐蔭高校 2年連続10回目

南大阪 近大付高校 10年ぶり5回目

東兵庫 報徳学園高校 8年ぶり15回目

西兵庫 明石商業高校 初出場

奈良 奈良大付高校 初出場

和歌山 智弁和歌山高校 2年連続23回目

<中国5校>

岡山 創志学園高校 2年ぶり2回目

広島 広陵高校 2年連続23回目

鳥取 鳥取城北高校 3年ぶり5回目

島根 益田東高校 18年ぶり4回目

山口 下関国際高校 2年連続2回目

<四国4校>

香川 丸亀城西高校 13年ぶり5回目

徳島 鳴門高校 2年ぶり12回目

愛媛 済美高校 2年連続6回目

高知 高知商業高校 12年ぶり23回目

<九州9校>

北福岡 折尾愛真高校 初出場

南福岡 沖学園高校 初出場

佐賀 佐賀商業高校 10年ぶり16回目

長崎 創成館高校 3年ぶり2回目

熊本 東海大星翔高校 35年ぶり2回目

大分 藤蔭高校28年ぶり2回目

宮崎 日南学園高校 2年ぶり9回目

鹿児島 鹿児島実業高校 3年ぶり19回目

沖縄 興南高校 2年連続12回目

まとめ

今年も野球球児による熱い戦いが始まります。

「優勝」を勝ち取るため、その日のために汗水流してきた選手はとてもかっこいいです。

泥だらけになって、最後まで諦めない選手、声を枯らしながらも全力でスタンドから応援する選手、高校野球の見どころは尽きません。

あなたも熱い夏を高校野球を見て過ごしませんか?

広告