夏の甲子園2019の優勝候補予想と出場高校!歴代の最多優勝高校は?

野球

例年より少し遅れての梅雨明けとなり、ようやく夏らしくなってきましたね。夏の風物詩と言えば色々ありますが、野球好きの方は、夏の甲子園をあげられるのではないでしょうか。

そこで今回は、夏の甲子園2019の優勝候補予想と注目選手、出場が決定している高校の紹介、それに合わせて歴代最多優勝した高校や準優勝高校などをご紹介します。

夏の甲子園2019優勝候補予想

2019年8月6日火曜日に開幕する夏の甲子園。2019年夏の甲子園の優勝候補を見ていきましょう。

・星稜(石川県)

プロから注目され、ドラフト候補と言われている、右腕エースの奥川恭伸投手を中心に、中学生の頃奥川投手との投げ合いで、勝利したことのある寺沢孝多投手や、大型右腕として注目を集めている寺西成騎投手等、投手陣のレベルがかなり高く、今年の優勝候補の本命と思われます。

春の選抜でも優勝候補と言われていましたが、惜しくも2回戦で習志野(千葉)に敗れてしまいます。その悔しい思いをしていることから、夏はさらに力を付けているのでは。と予想されています。

・仙台育英(宮城県)

春の選抜には出場していませんが、チームの評価が高く、夏の甲子園では優勝候補の一角に挙がると思われます。

課題だった投手陣は、最速144キロの伊藤樹投手と最速147キロの笹倉世凪投手が入部したとこで、一気に層が厚くなりました。今まで投手陣を支えてきたエース・大栄陽斗投手を抑えにし、先発投手の負担を軽減する作戦で挑んだ春季東北地区大会では、ベスト4に入り、夏に期待できる戦力があります。

・習志野(千葉県)

すでに夏の甲子園出場が決定している高校です。投手陣は、プロ注目の飯塚脩人投手筆頭に層が厚く、打撃陣も切れ目のない打線で、春の選抜では、優勝候補の星稜に勝利し、決勝まで勝ち進めました。決勝では、東邦(愛媛)に敗れてしまいましたが、力のあるチームだと言えます。

・東海大相模(神奈川県)

今年の東海大相模は、超強力打線と言われており、中でも、2年生ながら、高校通算37本塁打を放っている、西川僚祐選手は、すでに岡本和真選手(読売ジャイアンツ)のようなスラッガーになるのではと言われています。強打者が揃っており、完成度の高いチームなので期待できます。

・履正社(大阪府)

選手のポテンシャルが高く、タレント軍団と言われており、投手陣では、プロ注目の清水大成投手、打撃陣では、長打力が魅力の井上広大選手がチームを引っ張っていくと思われます。春の選抜では、1回戦で星稜に敗れてしまいましたが、選手のポテンシャルの高さで、激戦区である、夏の大阪府大会をどう勝ち進めていくかがポイントになるでしょう。

・智弁和歌山(和歌山県)

打撃陣が強力で、昨年の選抜で準優勝を経験した、黒川史陽選手東妻純平選手等、好打者が揃っています。打線は強力ですが、投手陣が少し不安定のようなので、投手陣の踏ん張りに期待したいですね。

・明石商業(兵庫県)

投手陣は、エース・中森俊介投手宮口大輝投手が中心、打撃陣は、来田涼斗選手が中心のチームで、春の選抜では、準々決勝で来田選手がサヨナラホームランを放ち、智弁和歌山に勝利しました。準決勝まで勝ち上がり、ベスト4入りしたので、チームに自信がついたのでは、と言われています。

・近江(滋賀県)

すでに夏の甲子園出場が決定している高校です。春季近畿大会で優勝しているので、夏の甲子園の優勝候補に挙げる方が多いようです。チームを引っ張るのが、エース・林優樹投手有馬諒捕手のバッテリーです。林投手は、安定感があり、ストレートとチェンジアップ等の変化球のコンビネーションが抜群で、有馬捕手は、多賀章仁監督が今までの教え子の中で最高の捕手だと絶賛しています。

・創志学園(岡山県)

コントロール・キレが良く、コースをつくピッチングが良いと言われている、エースの西鉄矢投手を中心に、試合の流れを作るのが上手いチームです。やはり、試合の決め手は、西投手の活躍にあるのではないでしょうか。

・筑陽学園(福岡県)

投手陣が強力で、技巧派右腕の西雄大投手、左腕の菅井一輝投手、速球派の西舘昴汰投手が中心で、どの投手も先発完投できる投手です。それぞれタイプが違うので、戦う相手によって先発を変えることができるため、戦い方のバリエーションが豊富です。

以上が優勝候補予想校です。昨夏優勝し、今年も優勝が期待されていた大阪桐蔭が敗退したり、ドラフト1位候補で大注目の佐々木朗希投手がいる、大船渡(岩手県)も決勝で花巻東に敗れ、甲子園行きを逃したりと、予選から見逃せない戦いとなっています。

夏の甲子園出場決定高校

現在、各地方で夏の甲子園に向けて予選が行われています。

予選を終えて出場が決まっている高校は、以下の通り。

北北海道:旭川大学高

南北海道:北照

青森:八戸学院光星

岩手:花巻東

秋田:秋田中央

山形:鶴岡東

千葉:習志野

茨城:霞ヶ浦

山梨:山梨学院

新潟:日本文理

長野:飯山

富山:高岡商業

福井:敦賀気比

滋賀:近江

佐賀:佐賀北

熊本:熊本工業

沖縄:沖縄尚学

夏の甲子園の歴代優勝校一覧

夏の甲子園の歴代優勝校、準優秀校をみてみましょう!

最多7回の優勝を果たしたのは2009年に優勝した中京大中京(愛知)です。それに続くのは4回優勝の大阪桐蔭(北大阪)です。

今年、優勝をつかむ高校はどこでしょうか?

2000年 <優勝>智弁和歌山(和歌山) <準優勝>東海大浦安(千葉県)
2001年 <優勝>日大三(西東京) <準優勝>近江(滋賀)
2002年 <優勝>明徳義塾(高知) <準優勝>智弁和歌山(和歌山)
2003年 <優勝>常総学院(茨城) <準優勝>東北(宮城)
2004年 <優勝>駒大苫小牧(南北海道) <準優勝>済美(愛媛)
2005年 <優勝>駒大苫小牧(南北海道 )<準優勝>京都外大西(京都)
2006年 <優勝>早稲田実業(西東京) <準優勝>駒大苫小牧(南北海道)
2007年 <優勝>佐賀北(佐賀) <準優勝>広陵(広島)
2008年 <優勝>大阪桐蔭(北大阪) <準優勝>常葉学園菊川(静岡)
2009年 <優勝>中京大中京(愛知) <準優勝>日本文理(新潟)
2010年 <優勝>興南(沖縄) <準優勝>東海大相模(神奈川)
2011年 <優勝>日大三(西東京) <準優勝>光星学院(青森)
2012年 <優勝>大阪桐蔭(大阪) <準優勝>光星学院(青森)
2013年 <優勝>前橋育英(群馬) <準優勝>延岡学園(宮崎)
2014年 <優勝>大阪桐蔭(大阪) <準優勝>三重(三重)
2015年 <優勝>東海大相模(神奈川) <準優勝>仙台育英(宮城)
2016年 <優勝>作新学院(栃木) <準優勝>北海(南北海道)
2017年 <優勝>花咲徳栄(埼玉) <準優勝>広陵(広島)
2018年 <優勝>大阪桐蔭(北大阪) <準優勝>金足農(秋田)

まとめ

もうすぐで始まる夏の甲子園は、今年も期待の注目選手がたくさんおり、活躍を見るのが待ち遠しいですね。

まだ予選の最中で、どの高校が出場するか決まっていないので、どうなるのか気になるところです。

まだまだ夏の甲子園でどの高校が優勝するのか全くわからないので、予想で挙げた高校や、ご自身で予想されている高校が勝ち上がるか楽しみですね!

広告