夏の甲子園2018年浦和学院の地方予選・南埼玉大会の日程・トーナメント表組み合わせ

夏の風物詩となっている全国高校野球選手権大会は、2018年大会で100回目という節目となります。

2018年の甲子園は8月5日(日)から始まり決勝の8月22日(水)まで17日間によって高校球児たちの熱戦が繰り広げられ、甲子園組み合わせが行われる抽選会は8月2日(木)の16時からとなります。

南北に分けられた愛埼玉県の南地区となる浦和学院の南埼玉県大会の試合日程や大会会場、対戦相手などをご紹介します。

南埼玉県大会の日程

開会式7月7日(土)  11:00 大宮公園球場

決勝戦 7月23日(月) 10:00 大宮公園球場

出場校 84校

シード校  浦和学院 ふじみ野 山村学園 埼玉栄 狭山ヶ丘 私立川越 山村国際 朝霞 栄東 川口私立 聖望学園 西武台 所沢商業

センバツ出場校(2018) なし

昨夏優勝校(2017)   花咲徳栄

2018年全国甲子園大会は100回の節目となるため、記念大会として通常49校から史上最多の56校が出場をします。

例年通り甲子園に2校出場となっている北海道と東京に加え、出場数が多い県も記念大会として代表校が2校となり(埼玉・千葉・神奈川・愛知・大阪・兵庫・福岡)、埼玉県は北埼玉大会と南埼玉大会に分かれ甲子園代表校を各地区1校ずつ計2校出場となります。

 

 

南埼玉大会では浦和学院が実力的に一歩抜きんでていて、他の12校のシード校は実力が拮抗しています。聖望学園や埼玉栄などの強豪校はもちろん春の県大会で4強まで残った山村学園など強豪校がひしめく南埼玉大会は、シード校が浦和学院をどう攻略するかといった戦いが繰り広げられるでしょう。

浦和学院(うらわがくいん)の試合日程

7月7日(土)からスタートした南埼玉県大会の第一シード校として登場した浦和学院は1回戦で盈進東野を、2回戦で志木を、2戦ともコールド勝ちで勝利をし順当に3回戦にコマを進めました。

浦和学院の3回戦は7月16日(月)に大宮公園球場にて午前9時より朝霞西と試合が行われます。

浦和学院が勝ち上がった場合、4回戦は7月18日(水)に大宮公園球場にて午前9時より朝霞と私立浦和の勝者と試合が行われます。

準決勝は7月21日(土)に行われ、南埼玉県大会決勝戦は7月23日(月)午前10時より大宮公園球場にて行われます。

トーナメント表組み合わせ

南埼玉大会のトーナメント表はこちらをクリック→南埼玉大会組み合わせ表

まとめ

春季県大会優勝校の浦和学院は、はやり南埼玉県大会を引っ張っていく存在となるでしょう。ここ数年花咲徳栄に甲子園出場を奪われているだけに、南埼玉大会に花咲徳栄がいないことで甲子園出場のチャンスがより広がってきましたので、選手のモチベーションも非常に高いでしょう。

しかし、埼玉県の全16シードの内13校が南埼玉エリアとなったことで非常にレベルの高い大会となることが予想されますので、注目の地方大会となりますね。

 

 

広告