夏の甲子園2018年東邦の地方予選・西愛知県大会の日程・トーナメント表組み合わせ

夏の風物詩となっている全国高校野球選手権大会は、2018年大会で100回目という節目となります。

2018年の甲子園は8月5日(日)から始まり決勝の8月22日(水)まで17日間によって高校球児たちの熱戦が繰り広げられ、甲子園組み合わせが行われる抽選会は8月2日(木)の16時からとなります。

東西に分けられた愛知県の西地区となる東邦の西愛知県大会の試合日程や大会会場、対戦相手などをご紹介します。

西愛知県大会の日程

開会式 6月30日(土)  10:00 パロマ瑞穂野球場

決勝戦 7月27日(金) 時間は未定 岡崎市民球場

出場校 101校

シード校  誉 志学館 愛知 西春 享栄 愛知啓成 東邦 誠信

センバツ出場校(2018) 東邦

昨夏優勝校(2017)   中京大中京

2018年全国甲子園大会は100回の節目となるため、記念大会として通常49校から史上最多の56校が出場をします。

例年通り甲子園に2校出場となっている北海道と東京に加え、出場数が多い県も記念大会として代表校が2校となり(埼玉・千葉・神奈川・愛知・大阪・兵庫・福岡)、愛知県は東愛知大会と西愛知大会に分かれ甲子園代表校を各地区1校ずつ計2校出場となります。

A~Hの8つのブロックに分かれて行われる西愛知県大会。各ブロックの代表が準々決勝へと駒を進めます。準々決勝では21日に再抽選が行われ、8校によるトーナメントで甲子園出場校を決定します。

強豪校がひしめく激戦区となった西愛知県大会。東邦が一歩リードしているが地力がある高校が多いため、全国高校野球地方大会でも、最も注目したい大会の一つとなります。

東邦(とうほう)の試合日程

6月30日(金)からスタートした西愛知県大会のGブロックのシード校として登場した東邦は1回戦を9-4で瀬戸に勝利をし2回戦にコマを進めました。

東邦の2回戦は7月16日(月)に春日井球場にて午前10時より中部大春日丘と試合が行われます。

Gブロックの代表決定戦は7月21日(土)春日井にて午前10時より旭野、名経大、一宮商、旭丘の勝者と試合が行われます。

準決勝は7月25日(水)に行われ、西愛知県大会決勝戦は7月27日(金)岡崎市民球場にて行われます。

トーナメント表組み合わせ

西愛知大会のトーナメント表はこちらをクリック→西愛知大会組み合わせ表

まとめ

春季県大会優勝校の誉、シード校ではないですが地力があり数多くの甲子園経験を持つ愛工大名電や中京大中京など強力なライバル校に東邦がどのように戦っていくのか。

センバツ出場の東邦がやはり優勢となりますが、他の高校も甲子園で戦い抜く力を持っているため、白熱した試合になることは間違いありません。

非常に楽しみな戦いとなる西愛知県大会の東邦に注目してみてはいかがでしょうか。

 

広告