夏の甲子園2018年日本航空石川の地方予選・石川県大会の日程・トーナメント表組み合わせ

夏の風物詩となっている全国高校野球選手権大会は、2018年大会で100回目という節目となります。

2018年の甲子園は8月5日(日)から始まり決勝の8月22日(水)まで17日間によって高校球児たちの熱戦が繰り広げられ、甲子園組み合わせが行われる抽選会は8月2日(木)の16時からとなります。

2018年春の甲子園で2校がベスト8に入るという快挙を果たした石川県の軸となる日本航空石川の石川県大会の試合日程や大会会場、対戦相手などをご紹介します。

石川県大会の日程

開会式 7月12日(木)  10:00 石川県立野球場

決勝戦 7月25日(日)  13:00 石川県立野球場

出場校 46校(49校中)

シード校  日本航空石川 星稜

センバツ出場校(2018) 日本航空石川 星稜

昨夏優勝校(2017)   日本航空石川

2018年全国甲子園大会は100回の節目となるため、記念大会として通常49校から史上最多の56校が出場をします。

出場数が多い県では、記念大会として代表校を2校決めますが(埼玉・千葉・神奈川・愛知・大阪・兵庫・福岡)、石川大会出場数は少ないため、甲子園に出場できる高校は1校のみとなります。

春の甲子園大会でベスト8の成績を収めた全国クラスの打力を持つ日本航空石川とアンダー18代表の投手がいる星稜の2校が軸となる石川県大会。この2校に待ったをかけるのが甲子園出場豊富な金沢と遊学館の2校。上位は激戦が予想されます。

日本航空石川(にほんこうくういしかわ)の試合日程

日本航空石川はシード校のため2回戦からの登場となります。

日本航空石川の2回戦の相手は、7月15日(日)に金沢市立工業と石川県立野球場の第3回戦となる午後14時より試合が行われます。

日本航空石川が勝ち上がった場合は、7月15日(日)に行われる七尾と石川高専との勝者と7月18日(水)に金沢市民野球場の第1回戦となる午前10時より試合が行われます。

準決勝は7月24日(火)に行われ、石川県大会決勝戦は7月25日(水)石川県立野球場にて午前13時からとなります

トーナメント表組み合わせ

石川大会のトーナメント表はこちらをクリック→石川大会組み合わせ表

まとめ

石川県の実力は2018年春の甲子園大会でもベスト8と証明されていて、レベルの高い戦いとなることが予想されます。春は2校甲子園に出場しましたが、夏の大会は1校のみが出場できます。

日本高校野球界を代表する投手を持つ星稜が全国に轟かせた打力を持つ日本航空石川をどれだけ止められるかに注目しながら石川県大会を観戦したいですね。

 

広告