夏の甲子園2018年智弁学園の地方予選・奈良大会の日程・トーナメント表組み合わせ

夏の風物詩となっている全国高校野球選手権大会は、2018年大会で100回目という節目となります。

2018年の甲子園は8月5日(日)から始まり決勝の8月22日(水)まで17日間によって高校球児たちの熱戦が繰り広げられ、甲子園組み合わせが行われる抽選会は8月2日(木)の16時からとなります。

多くの感動と勇気を与えてくれる甲子園大会の注目校「智弁学園」の奈良県大会の試合日程や大会会場、対戦相手などをご紹介します。

奈良県大会の日程

開会式  714日(土)  10:00 佐藤薬品スタジアム

決勝戦  728日(木)  13:00 佐藤薬品スタジアム

出場校 39校(全42校中)

シード校 智弁学園 天理 高田商業 橿原学院

センバツ出場校(2018) 智弁学園

昨夏優勝校(2017)   天理

2018年全国甲子園大会は100回の節目となるため、記念大会として通常49校から史上最多の56校が出場をします。

出場数が多い県では、記念大会として代表校を2校決めますが(埼玉・千葉・神奈川・愛知・大阪・兵庫・福岡)、奈良大会出場数は少ないため、甲子園に出場できる高校は1校のみとなります。

強豪校が多い奈良県大会は、激戦となることが予想されます。

智弁学園(ちべんがくえん)の試合日程

智弁学園はシードのため一回戦はありません。智弁学園の初戦は2回戦からとなり、7月17日(火)に佐藤薬品スタジアムの第2試合、11時20分から行われます。

初戦対戦の相手は7月15日(木)の8:30より行われる、西の京 対 香芝の勝者となります。

智弁学園が勝ち抜いた場合は、7月17日(木)に行われる、大和広陵 対 〈青翔・二階堂・吉野・山辺のどれか〉の勝者と対戦となり、奈良大会3回戦となる7月22日(日)に佐藤薬品スタジアムで13時10分から試合が行われる予定となっています。

準決勝は7月27日(金)に行われ、奈良県大会決勝戦は7月28日(土)に佐藤薬品スタジアムにて午後13時からとなります

トーナメント表組み合わせ

奈良県大会のトーナメント表はこちらをクリック→奈良県大会組み合わせ表

まとめ

奈良県大会の過去10年の甲子園夏大会出場を智弁学園と天理で独占しています(平成25年のみ桜井高校が甲子園出場)

今年も智弁学園と天理の2強が予想されますが、なんと両校が順当に勝ち上がると準決勝での対戦となります。

過去の成績を見ても、智弁学園と天理が交互に甲子園に出場しています。ちなみに昨年は天理が甲子園出場を果たしているのでこの順番でいくと今年は智弁学園となるのでしょうか。

非常に楽しみな奈良県大会は佐藤薬品スタジアムのみで行われますので、ぜひ観戦に行かれてみてはいかがでしょうか。

広告