柿木蓮(大阪桐蔭)ドラフト注目選手のプロフィールと特徴・評価

全国夏の甲子園大会では毎年プロ注目の選手たちが活躍し、熱い戦いを繰り広げます。本格派投手として注目を集める大阪桐蔭(大阪)の柿木蓮(かきぎれん)選手もドラフト候補の1人で、見事夏の甲子園出場の切符をつかみました!

2018年夏の甲子園は8月2日(木)の16時から組み合わせ抽選会が行われ、8月5日(日)から甲子園球場で開幕します。

夏の甲子園で活躍の期待がかかる2018年ドラフト候補「柿木蓮」のプロフィールやプレーヤとしての特徴、ドラフト評価などについてお伝えしていきます。

柿木蓮(かきぎ・れん)のプロフィール

出身地:佐賀県多久市

生年月日:2000年6月25日(高校2年生)

身長:181㎝

体重:85㎏

ポジション:投手(右投げ左打ち)

経歴:多久北部少年野球→佐賀東松ボーイズ→大阪高校野球部

小学2年生から多久北部少年野球で野球を始めた柿木蓮は、中学1年生から硬式の東松ボーイズに所属し、中学3年時には世界少年野球の日本代表に選ばれます。大阪桐蔭野球部では、強豪校でありながら2年生からエースとして活躍!絶対的エースとして夏の甲子園春夏連覇を狙っています。

高校トップクラスの投手として、ドラフト候補最有力にあげられる逸材!

柿木蓮の特徴

柿木蓮選手は、最速148㎞という超高校級のスピードボールとスライダー・カーブ・フォークの変化球を投げる本格派のピッチャーです。下半身の強さと腕のしやかさから繰り出される馬力のあるストレートは、空振りを取れる魅力的なボールです。また、高い位置から投げられる角度のあるボールは、打者から見たらより打ちにくいボールとなって向かってくるはずです。

下半身の強さもあり、制球力もよく、2年から3年にかけて急激に伸びた選手ですね。タレントぞろいの大阪桐蔭の中にいた環境も大きく、一回りも二回りも頼りがいのある選手へと成長し、2018年夏の甲子園大阪大会でも安定したピッチングを披露していました。

ドラフト評価

中日・阪神・巨人・オリックス・ヤクルト・にほんハムと6球団から注目を集めています。

上位指名をほのめかすコメントを残している中日や素材の良さを評価するソフトバンクはドラフト指名の筆頭か?他球団も柿木蓮選手のここ1年の成長を評価しており、夏の甲子園の活躍次第では複数球団からの指名も大いにあり得るでしょう。

 

まとめ

プロ注目のドラフト候補「柿木蓮」についてお伝えしてきました。

Max148㎞のストレートを武器に、直球で押すことのできるピッチングができるのは、投手として非常に魅力ですね。本格派右腕としてドラフトに入ってくるのは間違いないと思います。れ

2018年春夏連覇の偉業をできた場合、メンタルの強さも証明され、さらにドラフト候補として注目してくる球団は増えると思います。他にもドラフト候補が多数いる大阪桐蔭の中で、どれだけアピールできるかに注目して夏の甲子園を見ていきたいですね。

広告