【Jリーグ】豆知識・Jリーグ2018年のしくみを解説!2017結果やマスコット紹介

2018年Jリーグが開幕しました。Jリーグチームは全部合わせて57チーム、トップのJ1だけでも18チームあります。

お住まいの地域のJリーグチームはどこでしょう? また日本代表のあの選手はどこのチームに所属しているのでしょう?

Jリーグの簡単な仕組みや昨年の結果などをご紹介します。ワールドカップイヤーの2018年、ぜひJリーグも応援しましょう。

Jリーグのしくみ(開催方式)

Jリーグの仕組みを簡単にご紹介します。

★Jリーグは地域密着型

Jリーグのチームは自分たちの「地域」を持っています。たとえば鹿島アントラーズは茨城県鹿島市、浦和レッズは埼玉県浦和市に根ざしているように、Jリーグチームは必ず名前の頭に地域名を付けています。

どのチームも自分たちの地域にスタジアムを持っています。地域に支えられてJリーグは成り立っているのです。

★57チームを3つのレベルに分割

JリーグはJ1をトップに、J2、J3と3つのレベルに分かれています。

・J1:18チーム

・J2:22チーム

・J3:17チーム

すべて合わせると57チームになります。

浦和レッズ、鹿島アントラーズなど耳にすることの多いチームは大抵J1に所属しています。

★ホーム&アウェイ制

チームはひとつずつスタジアムを持っており、それをホームと言います。それに対して対戦相手のスタジアムをアウェイと言います。

Jリーグはホーム&アウェイ制をとっています。つまり1シーズンの中で同じ対戦相手と2度、お互いのスタジアムで場所を変えて試合を行うということです。

★勝ち点で優勝を決める

J1は18チームですので、17チームの対戦相手と2度ずつ、全部で34試合を行います。J2は42試合、J3は32試合を行います。

試合に勝てば勝ち点3、負ければ0、引き分けは1のポイントがチームに入ります。延長やPK戦はありません。

全試合を終えて最後に一番勝ち点の高いチームが優勝です。

★入れ替え戦

・J1の17位と18位 → J2に自動降格

・J2の1位と2位 → J1に自動昇格

・J1の16位 & J2の3位~6位 → プレーオフを行い優勝チームはJ1へ。

★2018シーズンは2/23~12/1まで

Jリーグは例年3月頃に始まり春夏秋を通して12月頃に閉幕します。

試合は主に水土日に行われます。

★1シーズン制

以前Jリーグは1年間のシーズンを半分に分ける2シーズン制をとっていましたが、2018年は1シーズン制です。

試合数は1シーズン制も2シーズン制も変わらず、J1なら34試合です。

〈1シーズン制〉J1の場合

34試合 → 勝ち点トップのチームがチャンピオン

〈2シーズン制〉J1の場合

前期17試合 → 優勝チームA

後期17試合 → 優勝チームB

チームA対チームB → 年間チャンピオン決定

2017年の順位とハイライト

2017シーズンの結果 J2降格チームとJ1昇格チームは?

2017年のJ1の順位は以下のとおりです。

1位 川崎フロンターレ

2位 鹿島アントラーズ

3位 セレッソ大阪

4位 柏レイソル

5位 横浜F・マリノス

6位 ジュビロ磐田

7位 浦和レッズ

8位 サガン鳥栖

9位 ヴィッセル神戸

10位 ガンバ大阪

11位 北海道コンサドーレ札幌

12位 ベガルタ仙台

13位 FC東京

14位 清水エスパルス

15位 サンフレッチェ広島

16位 ヴァンフォーレ甲府※

17位 アルビレックス新潟※

18位 大宮アルディージャ※

※3チームは2018年シーズンはJ2

2018年に昇格となったチームはこちら3チーム

湘南ベルマーレ

V・ファーレン長崎

名古屋グランパス

2017シーズンのJ1ハイライト

2017シーズンは川崎フロンターレのJ1初優勝という記念すべき年になりました。

勝ち点では2位の鹿島アントラーズと同点でしたが得失点差で川崎フロンターレが上回りました。

最後まで勝ち点が拮抗した2017シーズン。川崎フロンターレは初制覇という期待とプレッシャーのかかる中、最後の試合で5−0という圧巻の試合を繰り広げ優勝をさらいました。サポーターにとって忘れられない歓喜の瞬間でした。

マスコット紹介

Jリーグキング

王冠をつけたサッカーボール頭のマスコットキャラクター、Jリーグキング。1993年のJリーグ開幕戦からリーグを盛り上げています。ゆるキャラグランプリに出場経験もあり。

Mr.ピッチ

実はJリーグにはもう一人(?)、Mr.ピッチというマスコットキャラクターがいます。身長180センチ、全身を緑の芝生に覆われています。プロフィールによるとJリーグ創立とともに誕生したそう。ということはまだ20代?

JリーグキングもMr.ピッチも運が良ければスタジアムで会えるかもしれません。

まとめ

Jリーグ2018シーズンが始まりました!

昨シーズン、感激の初制覇を果たした川崎フロンターレ、勝ち点で川崎に並ぶも優勝を逃した鹿島アントラーズは今年どんな戦いを見せてくれるでしょうか?

他のチームも闘志燃える戦いを見せてくれるでしょう。

ワールドカップイヤーの2018年。選手たちは仲間としてFIFAワールドカップで世界と戦いながらもJリーグでは敵として戦います。そんな彼らを私たちは応援したいですね。

広告